Home > web制作について

web制作について Archive

CS6 » CC Dreamweaver コードカラーリングをコピーする。

adobe CCが公開されましたね。
既にCS6からadobe奴隷なので、とりあえず落としてますがまだ使い初めてはいません。

まずDreamweaverを使いたいので、変更したコードカラーリングを移行する方法をメモ。

 

コピー自体は簡単で、設定ファイル[Color.xml]をコピー&ペーストするだけです。
CS6の[Color.xml]の保存場所は、

/Users/(ユーザ名)/Library/Application Support/Adobe/Dreamweaver CS6/ja_JP/Configuration/CodeColoring/

これを

/Users/(ユーザ名)/Library/Application Support/Adobe/Dreamweaver CC/ja_JP/Configuration/CodeColoring/

へコピー。

コードのカラーリングは
メニューの「Dreamweaver」»「環境設定」»「コードカラーリング」から変更できます。

また、いろいろなColor.xmlは公開されているので、そちらを利用させていただくのもありです。

Facebookもチェックボックスの設置

アメブロにFaeebookページのFacebookもチェックボックスを設置するのに手順がわかりにくかったので備忘録。

  1. 管理アカウントにログインして、該当Facebookページにアクセス「Facebookページを編集」
  2. 「設定を編集」
  3. 左メニュー「リソース」→「ソーシャルプラグインを利用する」
  4. Social Pluginから「Like Box」をクリック

あとは諸々設定してタグをコピー。アメブロの管理画面へ移動

  1. アメブロの管理画面「プラグインの追加」
  2. 「フリープラグイン」のタグで先ほどのコードを貼り付け「保存」

 

Facebook側の手順は2013.5現在の手順。
またコロコロ変わりそう。

特定のサイトを作業中にDreamweaverが落ちる。

昨日見舞われたのでメモ。

Dreamweaverで作業中に突然クラッシュ。
その後起動のスプラッシュスクリーンは表示されるのだけど起動しない。

作業中のサイトのローカルデータを移動すると起動するので、どうやらサイトの定義ファイル関連ぽい。

調べてみると2つ原因があるらしく、

  1. サイトのキャッシュファイル(.dwsファイル)が壊れている
  2. レジストリ(Windows)または「Site Prefs」ファイル(Macintosh)のサイト定義が壊れている
とのこと。
作業方法などはadobeのサポートにあった
サイト定義に関連する作業の実行中に Dreamweaver がクラッシュする
を参考に作業をしてみたのだけど改善しない。

原因がDreamweaver側でなく、サイトファイル自体にありそうなので、
該当のサイトファイルを移動した状態で起動し、一つづつファイルを元の場所に戻し、
どのファイルでDreamweaverがクラッシュするのか原因の切り分け。

結果、CSSファイルの一つが原因だったみたいでした。
ちょっと焦ったけど、サーバ側の方のCSSファイルをダウンロードして読み込ませてみたら問題なく起動。

なんで壊れたかはわからないけど解決したのでヨシとしよう。

 

営業カレンダーを設置してみました。

営業時間などあってないようなものですが、このブログに営業カレンダーを設置してみました。

利用させて頂いたのはこちらのプラグイン

アイエスプランニング 営業カレンダー ウィジェット

こちらの会社、以前WORDPRESSのプラグインのカスタマイズの件で問い合せさせて頂いたことがあるのですが、非常に丁寧な対応をして頂きました。

残念ながらその時はお仕事の話しにはならなかったのですが、是非また何かありましたらお願いしたいです。

 

現在、WORDPRESSをCMSとして利用した案件を2件進めさせて頂いているのですが、こういった便利なプラグインが最近特に充実してきています。

以前にはカスタマイズしないと対応できなかった事も、最近はプラグイン一つで対応できることも数々。

 

便利なプラグインを公開されている方に感謝&自分もいつか公開できるようにスキルアップに努めたいです。

 

Yahoo!の検索結果のGoogle化。

先週の末位から、SIMPLE-Webのサイトで意識しているキーワードがGoogleとYahoo!で揃ってきました。

ある日を堺に、パッと切り替わるのかと思ってたのですが、そうではないみたいです。
まだ検索するPCや場所によって違ったりしますので完全ではないですが、こうやって徐々に切り替えていくのでしょうね。

SIMPLE-Webとしては、Googleの方が検索結果がよいので少し期待です。

 

別にそれを意識した訳ではないのですが、先週1週間で購入した書籍3冊が全てGoogleのサービス関連の書籍でした。

我々のように意識する人にとっても、しない人にとってもGoogleの影響力はドンドン大きくなっていきそうです。

ホームページの横幅

1195369_11292384以前サイト制作をご依頼頂いたお客様から、制作したホームページの横幅についてお問い合わせを頂きます。 「最近のホームページは横幅が広いが、作成したサイトはなぜ狭いのだろうか」というご質問です。 ホー ムページの横幅については、特に決まったサイズがあるわけではありませんが、サイトの横幅が広く、画面に収まらない場合は横スクロールバーが発生します。 横スクロールバーは、縦スクロールバーと違って、普段あまり使わないこともあり、利用する人に若干の使いにくさを感じさせます。 (逆に横スクロールを活用したサイトもあります) その為、サイトのデザインはできるだけ横スクロールバーが発生しないサイズで作成するのですが、それでは一般的に横スクロールバーが発生しないサイズはどの程度なのだろうかということになります。 私がこの仕事を始めたころ、デスクトップのモニタでの解像度は1024~1280px(横サイズ)あたりが主流でしたので、ブラウザにお気に入りを表示しても横スクロールが発生しない800px以下で制作をするように心がけていました。 が、年々モニタの解像度があがりワイド化も進んでいますので、最近制作するサイトは1000px以下で作成しています。 ホームページのサイズはモニタサイズだけを意識して決めるわけではありませんが、もっとも使われているモニタサイズは、横幅を決める大きな要因の一つではあります。 その為、以前作成させて頂いたホームページは平均すると今より横幅が若干狭くなっているかとは思います。 じゃあ今後もホームページの横幅は大きくなっていくのかというと、そうではないような気がします。 最近では意図的に横幅を狭くして、新鮮なイメージを与えるサイトも出てきました。サイズの制約がなくなって、より内容と目的にあわせた自由なデザインが選択可能になってくるのではと思います。 そういった要望に対応できるように、より自分の引き出しを増やす努力が必要だと感じています。

ホーム > web制作について

SIMPLE-Web 営業カレンダー
ブログロール
メタ情報

Return to page top